« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

東方の新作をダウンロード&購入してみた

最近、宇宙戦艦ヤマト2199にどっぷりと嵌っているので

東方Projectについてはご無沙汰でしたが、

新作ゲームの体験版がダウンロード出来るようになったのと

新作コミックスが発売されたので一気にご紹介。

「東方輝針城 ~ Double Dealing Character.」

東方弾幕シューティングの14作目になります。

85
自機(プレイヤーキャラクター)は

博麗 霊夢、霧雨 魔理沙、十六夜 咲夜の3人です。

咲夜さんは本編(弾幕シューティング)では久しぶりの登場ですね。

来月開かれるコミックマーケット84で製品版が出るそうです。

「東方茨歌仙 WILD AND HORNED HERMIT」3巻

商業誌コミックスの18冊目になります。

183409546_orgv1375019019
表紙は東風谷 早苗、茨木 華扇の2人ですが

本編に早苗は登場しません(モブキャラ扱い)

その代わりにゲーム版からの登場人物として

八雲 紫、霍 青娥(青娥娘々(せいがにゃんにゃん))が出てきます。

なので時系列的に、東方神霊廟(第13作目)の後となりますね。

連載はまだ続いているので、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマト2199シリーズで作る。ゲール無敵艦隊出撃せよ!その3

再びゲルガメッシュの建造を再開します。

船体下面の武装類などを取り付けていきます。

成形色はライムグリーンとなっています。

Photo

船体上面のパーツを付けます。

艦首のインテーク(?)部分は「シュバリエル」のクリームイエローなので

塗り直さなければなりません。

Photo_2

さらに下面砲塔に着いている小さなウィングが外れやすく、工作に不都合です。

そこで、バンダイから発売されているアクションベース3と

GSIクレオスから発売されたばかりのガミラス艦カラーセット2を購入しました。

Photo_3

アクションベースを取っ手にして、再塗装を行います。

船体上面のダズル迷彩(スプリッター迷彩)は薄い緑がガミラスグリーン1

濃い緑がガミラスグリーン3で再塗装しました。

Photo_4

船体下面のライムグリーンはガミラスグリーン4で塗ったため

緑と言うよりダークイエローみたいな感じに仕上がりました。

Photo_5

次回は、ゲルガメッシュの船体上部構造物(艦橋や主砲塔など)の建造です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマト2199シリーズで作る。ゲール無敵艦隊出撃せよ!その2

ゲルガメッシュの建造は一時中断して、クリピテラ級航宙駆逐艦を建造します。

(飽きっぽい性格・・・)

船体の左右を合わせて、下面を取り付けます。

ミサイルランチャーと二連装砲塔をはめ込んで、左右に旋回できるようにします。

Photo

下面の主砲塔と艦尾のミサイルランチャー、主砲塔を取り付けます。

Photo

艦橋部分の組み立てを開始します。

艦橋左右のウィングを取り付けます。

ブロック式にサクサクと作っていくと気分はガミラス航宙軍工廠みたいです(^^;

Photo_2

細かい突起物を接着剤で着けます。 ここだけ接着剤が必要になります。

クリピテラ級航宙駆逐艦(ゲール無敵艦隊所属)が完成しました。

あとは、仕上げ塗装を行って、就役となります。

Photo_3

今回はここまでとしました。

次回はゲルガメッシュの建造続きですが、今日で退院後の自宅療養が終了しました。

明日から仕事始めになりますので、模型工作はかなり遅くなると思います。

次回は気長に待って頂けるとありがたいです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマト2199シリーズで作る。ゲール無敵艦隊出撃せよ!その1

バンダイ1/1000 大ガミラス航宙艦隊 ガミラス艦セット2を購入しました。

さっそくコレを使って、バラン鎮守府所属 ガミラス銀河方面艦隊

(司令官:グレムト・ゲール少将 通称:ゲール無敵艦隊)を

制作してみようと思います(^^

_20130708

まず、大きな箱を開けてパーツを確認します。

ガミラス艦セット2には、「ガイデロール級航宙戦艦」×1隻、

「クリピテラ級航宙駆逐艦」×2隻、「ザルバーⅥ重戦車」×1輌が

入っています。

Photo

バンダイがお得意とする、接着剤不要のスナップキットで

塗装毎にランナーを変えているので、塗装をしなくても完成する良作です。

そのまま作ると、ガミラス冥王星前線基地駐屯艦隊旗艦「シュバリエル」を

制作できますが、今回はガミラス銀河方面艦隊旗艦の「ゲルガメッシュ」にするため、

グリーン系ダズル迷彩(スプリッター迷彩)を塗装します。

濃いグリーンは濃緑色(三菱系) 明るいグリーンは成型色です。

艦橋部分の白塗装を行います。

白塗装はガルグレーにグランプリホワイトを入れて明るいライトグレーにしました。

Photo_2

クリピテラ級航宙駆逐艦も迷彩を施します。

Photo_3

ガミラス艦の特徴として黄色い目玉のような構造物があります。

通常航行時はライトグリーンですが、戦闘時は黄色からオレンジへと変化します。

Photo_4

キットでは半透明のパーツとグラデーションデカールがセットされています。

デカールを制作前に貼っておきます。曲面なので貼りづらいです。

Photo_5

艦首上面から制作を開始します。まるで実際のブロック式建造みたいですね(^^;

Photo_6

船体構造物を組み立てます。

・・・このまま船体を茶色に塗ると、まるで鰹節みたいですね(^^;

Photo_7

船体下面後部のエアインテーク(?)を取り付ける為の歯の部分は、

デザインナイフなどで斜めに削いでおくと目立たなくなります。

182133683_orgv1373615713

今回はここまでとしました。

次回はクリピテラ級航宙駆逐艦を制作する予定です(予定は未定)(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラストをアップしました。

宇宙戦艦ヤマト2199に出てくるゼルクート級1等航宙戦艦のイラストを描いてみました。

前回、ピクシブにアップした「毎月七日はルーミアの日」イラストの背景に使用した物を

単体でニコニコ静画にアップしました。

アニメの画像を模写(トレス)しただけでは、あまり面白くないため

「もし、ゲール少将率いるガミラス基幹艦隊の旗艦として

『ゼルクートⅡ』が使われた場合、艦名を『ゲルガメッシュⅡ』に改名し

グリーン系ダズル迷彩に変わって、第七章に登場するかも?!」

という妄想を具現化してみました(^^;

・・・それはない(爆笑)

ちなみに、ゲール少将が銀河方面軍作戦司令だったときに乗っていた船は

ガイデロール級2等航宙戦艦「ゲルガメッシュ」です。

_20130708

画像は先日購入した、同型艦「シュバリエル」のプラモデル箱絵

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イラストをアップしました。

七夕なので「毎月七日はルーミアの日」イラストを描きました。

ところが、実家に妹夫婦と弟の姪っ子が来るというので

午後に実家に顔出ししたりしたため、時間が無くなり、

結果としてピクシブへの投稿は27分遅れになってしまいました。

「毎月八日はルーミアの日に間に合わなかった人の日」イラストに

なってしまいました(^^;

東方×ヤマトという誰得なイラストですが、よろしくです(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛単車を作ってみる12

2年以上にわたって断続的に作ってきた痛単車のプラモデルですが

ようやく最終章です。

クリアーカラーが乾いたので、マスキングシールを剥がします。

左側のステアリングが溶けて折れてしまいました。

接着剤で修復します。

_20130703_3

GSIクレオスのMr.コンパウンド極細で磨き上げます。

その後、濡れナプキンでこびりついたコンパウンドを拭き取ります。

181509779_orgv1372852302

最後に、射命丸 文のfigmaを使います。

これは以前、ワンフェスで購入した中古品(未開封)です。

_20130703_1

figmaの射命丸文を座らせてみました。

スカートが邪魔ですが、両足をやや広げて挟めば、なんとか落ち着きます。

181514382_orgv1372852261

首がこれ以上上がらないので、前傾姿勢を取ることができませんが

まあ、いい感じですね(^_^;)

これでハヤブサ「文々。新聞 仕様」の出来上がりです。

_20130703_2

ふ~、やっと完成しました。

やはりバイクモデルは細かいパーツが多くて、作るのが大変ですね。

小さいビスや、細いパイプがあって、模型工作上級者向けという感じです。

完成した模型は、次回参加イベントで公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛単車を作ってみる11

クリアーを吹く前に、タイヤやウィンドウスクリーン、座席などをマスキングテープで塞ぎます。

_20130702_1
おおかたマスキングしたら、いよいよクリアーを吹き着けます。

GSIクレオスのスーパークリアーUVカットを使用しました。

_20130702_2
相性の問題か、若干デカールが溶けてしまいました。

よく見ると射命丸文の顔色がやや赤くなっていますが、許容範囲でしょう(^^;

_20130702_3
午前中で乾燥させたあと、午後にGSIクレオスの水性トップコートを

軽く全体に吹き付けました。

後は、ベランダで自然乾燥させてコンパウンドで磨き作業になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛単車を作ってみる10

痛単車制作のメインイベント。キャラデカール貼りを始めます。

デカールはキューズQのキャラデカールを使います。

181303390_orgv1372629405

※空白はすでに使用した箇所です。

バイクのカウルは意外と穴が開いていて、 デカールを貼る面積が少なく、

多少カットしないといけません。

181303472_orgv1372629405

左側は羽根と頭についている白いボンボン(?)をカットしました。

右カウルに射命丸文のキャラデカールを貼ります。

こちらも貼る面積が少ないので、デカールをカットします。

181304201_orgv1372629627

右側は羽根と団扇、右足をカットしました。

さらにデカールを貼っていきます。

ダークイエローをアクセントに塗った箇所には、紅葉を散りばめました。

さらに文字デカールなどを貼っていきます。

_20130701_1

_20130701_2_3


_20130701_3

キャラデカールを貼り終えました。 バイクモデルのカウルは曲面が多いので、

マークソフターなどを使って馴染ませると良いようです。

この後、一昼夜以上かけて乾燥させ、

クリアーをかけてデカールをしっかりと固定させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »