« 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その1 | トップページ | 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その3 »

航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その2

航空戦艦山城の建造2回目です。

今度はハセガワの航空戦艦日向から飛行機作業甲板を制作します。

まず、飛行機格納庫側壁を山城の艦後部に現場合わせて見ます。

流石に準同型艦らしく、艦尾の形状は概ねぴったりでした。

_201311010_3

次に、飛行機作業甲板にエレベーターホールと側壁を組み立てます。

山城の後甲板(第6砲塔直後)にエレベーターホールが接触するので

細かいハッチやレールなどをデザインナイフで削り取ります。

_201311010_4
山城の艦尾に、対空憤進砲の砲座を作り付けます。

これは日向のパーツを使用しました。

ここで改めて、飛行機作業甲板をはめ込んでみます。

まだ接着剤が乾ききっていないので、船体との合いを微調整できます。

_201311010_2

飛行機作業甲板と飛行機格納庫の取り付け位置は、

飛行甲板先端部の三角形の切り欠きが、山城の後部艦橋基部に合わせます。

飛行甲板最後部が船体から付きだしてしまいますが、日向も同様です。

まだこの時点では飛行機作業甲板と飛行機格納庫を接着しません。

前端がスカスカなので、後でプラ板で塞ぎます。

船体後部左舷側にあるクレーン台座は削ってパテ盛り成形しないとダメですね。

_201311010_1
その後、最上甲板の艤装を付けていきます。

あまりにもパーツが小さいため、老眼が進んだ目にはよく見えず苦労しました。

・・・でもまだ大量の対空機銃があるんだよね~(^^;

舷側に並んでいる窪みには、15.2㎝単装砲が付きますが、

航空戦艦に改装された日向と同様、取り付けません。

開いている穴はプラ板で塞いでおきます。

今回はここまで、次回は艦載艇と対空機銃を(大量に)組み立てます(^^;

|

« 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その1 | トップページ | 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その3 »

同人誌、ガレージキット関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514243/58552556

この記事へのトラックバック一覧です: 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その2:

« 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その1 | トップページ | 航空戦艦山城を作ってみる【艦これ風】その3 »