« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

大学病院の定期診察

大学病院の定期診察が終わりました。
6月から新しい職場になったので
いらないストレスからやや体調不良でしたが、
診察結果は概ね良好でした。
次回の定期診察は8月9日9時30分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メカコレで作る。ゲール無敵艦隊出撃せよ!(デストリア編)

現在、TOKYO-MXテレビとBS11で再放送されている

宇宙戦艦ヤマト2199をよく見ています。

先日は第10話「大宇宙の墓場」(http://yamato2199.net/story/story_10.html)だったので、

先日買ってきた、宇宙戦艦ヤマト2199メカニックコレクション№3

「大ガミラス帝国 航宙重巡洋艦 デストリア」(ガミラス艦)を作ってみる事にしました。

Bpxgswdceaaldos
ガミラス艦特有の目玉の部分は、シールで再現出来るので

そのまま無塗装でも完成するのですが、ここはあえて

銀河方面軍作戦司令長官 グレムト・ゲール少将が指揮する

通称「ゲール無敵艦隊」所属艦にすることにしました。

Bpxkzmcyaa5cp
ゲール無敵艦隊所属艦は、旧作初期設定のグリーン系ダズル迷彩が施されています。

そこで、GSIクレオスのガミラス航宙艦隊カラーセット1を使って再現しました。

塗り分けラインは太めのモールドがあるので、モールドに沿って塗っていきます。

Bpxrvhuciaar1yv
ある程度塗り終わったら、組み立てに入ります。

目玉部分のシールは、凹んだところに貼るので、ニッパーの持つところを使って

押し込むようにして貼り付けます。

あとは、接着剤不要なのでパチパチと組み立てる事が出来ます。

_1
船体に艦橋を取り付けたら、塗り残し部分などをもう一度塗装します。

一日置いて乾燥したら、最終組み立てをします。

組み立てるだけなら30分くらいで出来上がります。

_2
去年発売された1/1000ヤマト2199シリーズのデストリア級と比べても

差は感じられません。

逆に30年前に発売された旧作メカコレと比較すると、進化の具合がよくわかります。

値段も安いので、3000個ほど購入してドメル艦隊を編成しても面白いですね。

(無茶言うな)(^^;

それとは別に、ヤマト×艦これイラストを描きました。

艦隊これくしょんで最近ゲットしたドイツ海軍駆逐艦Z3「マックス・シュルツ」を参考に

宇宙戦艦ヤマト2199に出てくるヒルデ・シュルツのコラボレーションイラストです。

(背景などは無料素材集を使用しました)

性格と台詞が全然違うのですが、これはこれで似合う気がします(^^;

さらにそれとは別に、本屋で艦船模型の雑誌や艦これの漫画を買ってきました。

_20140614
先日購入した商業誌

・帝国海軍駆逐艦総ざらい

 (モデルアート刊)

・艦これ side:金剛

 (原作:艦これ運営鎮守府 漫画:SASAYUKi 角川書店刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆逐艦敷波を作ってみる【艦これ風】その1

先日、艦隊これくしょんでレベリング中、誤って大破進軍してしまい

駆逐艦敷波が轟沈してしまいました(TT

レベルは決して高くはなかったのですが、改造してそれなりに頑張ってくれてました。

追悼を込めて、敷波の模型を作る事にしました。

そのため、航空戦艦山城の制作は一時中断(^^;

Boyovscyaiuvufjpg_large

駆逐艦敷波の模型は、タミヤ(ウォーターライン)とピットロード(スカイウェーブ)の

2社から出ています。両方とも買って比較した結果、

ピットロードの製品を作ることにしました。

Bozqlv5ceaavrg_jpg_large

塗装はGSIクレオスから出ている、「艦隊これくしょん日本海軍標準色セット」を

使用しました。

敷波は舞鶴工廠で作られたので、舞鶴工廠色(SC03)を使います。

Bozukmkceaevqdxjpg_large

まず、基本色を全体に塗ります。軍艦色とリノリューム色です。

まだ組み立て前なので、かなりおおざっぱに塗ります。

Boz39o7ceaeth5kjpg_large

組み立てに入ります。ピットロードの敷波は船体が左右分割なので、

両側を貼り合わせ、最上甲板を接着すると船体ができあがります。

Boz7bb9ceaa2qjpg_large

上部構造物を組み付けていきます。

ピットロードの敷波は特型Ⅰ~Ⅲまで全てのパーツが入っているため

どの部品を使うかよく説明書を確認しないと、混乱します(^^;

_20140602_1

本来、敷波は大戦末期の対空兵装強化は行われなかったみたいですが

艦これ風に対空兵装強化状態にしてみました。

Bo2by8ncaaayr8pjpg_large

武装パーツはかなり昔に購入したピットロードの日本海軍装備品セットⅠに入っている

長10㎝連装高角砲と92式4連装魚雷発射管を使用します。

(通常は12.7㎝連装砲B型改と90式3連装魚雷発射管です)

2番砲塔の撤去と25ミリ3連装機銃の増備は行われなかったようです。

Bo2p5rscuaarcs_jpg_large

これら装備品を船体に取り付けていきます。

7メートル内火艇と7メートルカッターはダビッドで取り付けますが

手先が不器用なため、斜めに傾いてしまいました(汗

_20140602_2

さらに細かい装備品(魚雷積み込み用ダビッドやリールなど)を取り付けます。

これでほぼ完成しました。

あとはマストなどを真鍮線とエッチングパーツで作り仕上げ塗装を行うだけです。

ここまででタイムオーバーとなりました。

実は春休みは5月で終了し、6月から新しい職場で働く事になったためです。

そのため、最終工程は後日となりました。

それとは別に、新宿のとらのあなで同人誌などを買ってきました。

_20140602
先週購入した同人誌

・SEQMUDさんの本2冊(艦隊これくしょん本、一般向け)

先週購入した商業誌

・東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. 4巻

 (原作:ZUN 漫画:あずまあや 一迅社刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »