« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年4月

1/700作る 超大和型戦艦発進せよ! その5

先日4/7は戦艦大和の73回忌なので、超大和型戦艦の建造の続きを行います。

今回は51㎝主砲塔とそのバーベッド部(台座)、20.3㎝副砲塔を作っていきます。

_20180408_5

先日購入したフジミの1/700「超大和型戦艦」のプラモデルから

51㎝主砲1基を持ってきます。

3番主砲が4番主砲にぶつかってしまうため、3番主砲のバーベッド部を嵩上げします。

船体延長用に買ってあったフジミの1/700「戦艦大和最終時」のプラモデルから

2番主砲のバーベッド部を切り取ります。

カッターナイフなどでは危険なためプラノコを使いました。

このままだと接着面がガタガタなので、400番のサンドペーパーでヤスリます。

_20180408

次に20.3㎝副砲を作ります。

超大和型戦艦の副砲は諸説あって、

大和型と同様15.5㎝3連装副砲(最上型と同じ)を搭載された説や

副砲は全廃されて長10㎝連装高角砲が搭載された説などありますが、

20.3㎝連装砲E型(高雄型や利根型と同じ)を搭載することにしました。

キットはピットロードの日本海軍装備セット(旧キット)の20.3㎝連装砲を使用しました。

51㎝連装砲と比較すると、かなり小型ですね(^^

_20180408_1

次に、艦橋を船体に接着しました。

長10㎝連装高角砲の砲身が折れやすいので、注意しながら接着します。

_20180408_3

今年はここまでです。

来年は、主砲塔と副砲塔の取り付けと、対空機銃などの接着です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »